Tuesday, April 30, 2019

JR東日本のSuica+Apple Watchのヘルプモードについての記述が間違っている


Apple WatchでSuicaを使っているとき、駅員などにSuicaを使える状態でApple Watchを渡して精算などをしてもらいたい場合がある。個人的にはまだそういう場面には遭遇していないのだが、JR東日本がOKWaveを使って公開している以下の方法は間違っているので注意。
【ヘルプモード設定手順(Apple Watch)】
1.Walletアプリを起動(サイドボタンをダブルクリック)
2.複数カードを設定されている場合、対象のSuicaを選択
3.Apple Watchの画面を強く押下
4.[ヘルプモードをオンにする]をタップ
5.サイドボタンをダブルクリック ※1
※1.約1分間ヘルプモードとなります。
ヘルプモードについて知りたい。 | Suica Apple Pay よくあるご質問
http://appsuica.okbiz.okwave.jp/faq/show/1508

Appleのサポートページには以下のように書かれている。
Apple Watch の場合は、手首から外し、パスコードを入力してロックを解除し、サイドボタンをダブルクリックします。次に Suica を選択し、画面を強めに押して「ヘルプモードをオンにする」をタップします。駅係員に Apple Watch のディスプレイを下向きにして持つようにお願いします。
日本で iPhone や Apple Watch の Suica を使う - Apple サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT207154

JR東日本が公開している情報が古いのかもしれない。ただ、更新日時を別のページで調べてみると「2019/04/23 11:25」となっているので、放置されているページという訳でもないようだ。

No comments:

35.8kgのパスタを完食した