Friday, January 24, 2020

蜂蜜小梅配列に復帰した

予告通り、新JIS配列から蜂蜜小梅配列に復帰した。1カ月弱の間、新JIS配列に馴染もうとやってみたが、どうにも効率が上がらず、端々に効率アップの工夫が見られる反面、配列の古さから来る非効率を強く感じざるを得なかった。特に、半濁音の2ストローク(ワシは順次打鍵に設定していたので、なんと4ストローク!)がキツかった。

で、蜂蜜小梅配列に戻って1日ほど入力しまくってみたら、快適なことこの上ない。「あ」行から順番に思い出していき、半濁音は「:」キーと「A」段の組み合わせで代用した。昨日あたりから、半濁音を割り当ててあるキーに勝手に指が行くようになって、代用は終了。「T」「Y」「B」キーを触らなくてよくなったのは、非常に助かる。

新JIS配列を卒業する前に、そこらのテキストを持ってきて入力速度を測ってみた。1145文字を入力するのに9分55秒かかった。1分100文字は、事務系の仕事をする人にとっては最低ラインだろう。原稿を書くのがそれほど早くないワシでも、思った言葉が全然入力し切れておらず、ストレスがかかる。

蜂蜜小梅配列にして数日、同じ条件で測ってみたところ、5分13秒だった。約半分。1分200文字で、まあまあ速いレベル。思った言葉はほぼリアルタイムに入力できており、「指が喋る」に近い。動画も撮ったので、そのうち公開しよう。デュアルキーボードも復活し、右にREALFORCE、左にHHKBを置いたら、楽すぎてにやけてしまった。

Monday, January 20, 2020

食べログ衰退の理由

深刻な「グルメサイト離れ」のウラでグーグルマップに食通が集うワケ(大久保 一彦) @moneygendai

そもそも、なぜグルメサイト離れが起こったのか。その理由の一つとして、 かつてユーザーたちの間にあった「投稿する楽しさ」が失われた ことが挙げられます。 ...
なぜグルメサイト離れが起こったのか。その理由の一つとして、かつてユーザーたちの間にあった「投稿する楽しさ」が失われたことが挙げられます。 
グルメサイト側が店舗の都合が悪い投稿を削除するし、変な投稿者が投稿数だけで大きな顔をしているようでは、そもそもお店選択の指針にならない。都合が悪いことも掲載されているからこそ、都合のいい話に信憑性が出てくる。投稿数だけで計れない良さがあると信じられるからこそ、1つ目のレビューを書いたばかりの人の話もちゃんと読める。そもそも、星を金で買えるという報道が出てくれば、星を信用しなくなるのは当然だ。ミシュランが金で星を売れば、誰もミシュランを信用しなくなるだろう。なぜ、そこが分からないのか、理解に苦しむ。

Sunday, January 19, 2020

紙の技術を馬鹿にする事なかれ

ポケモンセンターでもらえるシリアルコード、視認性悪くて文字の判別ができない「目がよくても無理」「なぜこのフォントにした」

Base58とは その意味や概要について - 【DMMビットコイン】仮想通貨を始めるならDMM Bitcoin ...
 Webだとコピペができるから、フォントは大きな問題ではない。一方で、紙に印刷すると、視認性は文章の中身より重要だったりするので(広告絡みは特に)、このような問題に気付かないということはあり得ない。

くだんの広告を作ったのは、紙に慣れていないデザイナーやWeb担当(編集者と
いう言葉を使いたくない)だろう。Webではフォントに凝ったところで、あまり意味はないので、無頓着になるのも分かる。紙を頻繁に扱っているデザイナーや編集者なら、このあたりに注意しないことは考えにくい。

さらば新JIS配列

タイピングに関する意外な研究結果が話題。一本指打法は慣れればタッチタイピング(いわゆるブラインドタッチ)に引けをとらないらしい

論文では、タイピング能力に「本当に」影響がある要素として次の3つを挙げている: 1. 同じ文字には常に同じ指を割り当てること 2. 次に押すキーの近くに予め指を置いておく 3. 手の動きを最小限にする あと、細かい話題としては打鍵中の視線移動。non-touch typist は touch typist よりキーボードを見ている回数も割合も多いんだけど、 touch typist も全く見ていないわけではなく、平均で 2 割程度の時間は手元を見ている らしい。これは「タッチタイプでは手元を見ない」という一般的な通念に反する。 まぁ、そんな感じで、自作キーボードにおける小指の配置、特に Q A Z P をどうするかというのは一考の余地があるなぁと思った。よくよく考えると、我々は P を押す時に指ではなくて手を回転させてない? とか。 あ、補足。手元を見ない方が早いというのは当然で、論文中でもtouch だろうが non-touch だろうが明確に相関があると指摘されてます。要は、フォームはタッチタイプでも実際には「見てる」場合がある、ということですね。 @okapies 質問です、一般にかなり速いと言われる速度(10キー毎秒以上)も一本指打法で到達でき得るものなのでしょうか @okapies 「タイピスト!」というフランス映画を思い出しました。 一本指打法でも、ものすごく速い...。 機会があればまた見たい映画です。 英語だったので論文の中身は読んでないのだけど、両手の人差し指と中指だけしか使わないのにタイピングスピードがかなり早い人がいると大学時代に聞いたことがあるからこれはその通りなんだろうなあと思った。RT まじですかやった わたしも我流の一本指打法なんですけど ちょっとコンプレックスではあったのよな

タイピングについて最近思うこと

  1. 入力の速度が、入力のすべてではない
  2. 配列や運指を変更しても、入力速度が上がるとは限らない
どうやっても入力の速度があまり上がらないワシのようなオッサンは、半ば負け惜しみのようだが、こう思う。いわゆる「オリジナル打鍵」、すなわち文章を考えながら入力する=すでにできている文章を写すのではない場合、言葉の出てくる速度をできるだけ邪魔しないのが望ましい。つまり、言葉が出てくる速度が遅いのであれば、入力速度も遅くてよい。このあたり、「指が喋る」という表現を多用する界隈の方々は知っておく必要があるのでは、と思う。逆に、非常に高速に言葉の出てくる人は、キーボードではなく、音声入力のほうが向いている

タイピングによる入力の速度の上限は、配列や運指に限らず、人によって一定なのではないか。ミスタッチの頻度・割合も変わらないような気がする。

キー入力については「入力速度が速ければ速いほどいい」という考え方に陥りがちだが、快適さも重要だ。ワシの場合、JISかな配列では、右手小指を頻繁に使うカタカナ語の入力時にイライラして仕方なかった。蜂蜜小梅配列に変更して、カタカナ語でのイライラは収まった。

それでも、少し入力速度を上げたいのであれば、いくつか試すとよさそうなことがある。1つは、画面を見ないこと。「それ、タッチタイプじゃねーだろ」と批判されそうだが、ワシが見ているのは脳内のキーボードだ。QWERTY+ローマ字入力やJISかな配列以外で、キートップを見ても、ほとんど意味はない。画面を見ていると、意外と文章に対する集中力が削がれる。もちろん、誤変換の修正は時間のロスなので、修正しなくていいように、チラチラと画面の入力場所は見ている。あまり視線が大きく外れないようにしないと逆効果なのだが、意外とこれがよさそうだ。

もうひとつは、ほかに言っている人もいるだろうが、よく出てくる言い回しを練習して指に覚えさせること。JISかな配列をはじめとしたカナ系入力は、1ストローク1文字が基本なので、「ある」「する」「なので」「ように」「もの」「ない」といった文末によく使われるもの、「思う」「しかし」「可能」「頻繁」といった、(自分の書く文章に)頻出する単語をサクッと入力できるように練習すれば、入力速度は上がりそうだ。今、思いついたのだが、これってピアニストがスケールやアルペジオを練習するのと似ているかも。ワシはピアノが弾けないので、単なる想像だけど。

新JIS配列を卒業します


3週間ほど新JIS配列を使ってきてわかったことは、①左手を酷使する、②半濁音や長音がかなり遠い、③TYPBの各キーをがっつり使うので指には悪そう、④キーボードを選ばないで使える、⑤前に使っていた配列(蜂蜜小梅配列)にものすごく引っ張られる、⑥習得までにかかる時間は非常に短い=覚えやすいのは確か、⑦シフトキーであるスペースを主に左手親指で押していたので、右手親指の腱鞘炎にはよかった、くらい。

④は近い将来、旧REALFORCEが壊れて使えなくなってしまったら、使えるキーボードがなくなってしまうかもと思って、新下駄配列と天秤にかけて新JIS配列を選んだのだが、今となっては選択ミスの疑いが強い。②③が辛くて仕方ない。ワシの書く文章で長音がサクサク出てこないのは、大変拙い。「キーボード」と入力するのでさえ、ちょっと構えてしまう。①も結構キツい。蜂蜜小梅配列で右手が担当している文字が左手側に配置されているケースが多く感じる。長時間連続してタイプすると、左手が痛んでくる。

結論として、カタカナ語の多い文章を書くのに新JIS配列は合わない。蜂蜜小梅配列で入力していたときのほうが、いくつかマイナーな問題は抱えていたにせよ、快適に入力できていた。ということで、近日中に蜂蜜小梅配列に戻すことにする。もし、右手親指の腱鞘炎がまた悪化してきたら、今度こそ新下駄配列に挑戦する。たぶん。

Sunday, January 12, 2020

AmazonのVine先取りプログラムメンバーによるレビューに注意

Image from Gyazo

とある食品をアマゾンのおすすめにしたがって買ったのだが、商品が届いてから、その食品が割高であることに気付いた。レビューを見たところ、品物そのものには問題はなさそうだが、ちょっと気になったのが「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」がついていることだ。

望ましいレビューを精力的に投稿していると、このメンバーになれると聞く。メンバーになれば、商品を無料で提供されるはず。たいして得だとも思わないが、目当ての人もいるだろう。で、問題はレビュアーではなく、その使い方、使われ方だ。儲かる商品=消費者にとって割高な商品を売るために利用する事業者がいた場合、レビューの「汚染」を進めてしまう可能性が高い。まあ、もうレビューを信じて買うのは「情弱」のすることなのかもしれないが。


Saturday, January 11, 2020

【さらに追記あり】絶望した!届いているかどうかも分からないメールに絶望した!【チケットシステム紹介】

お客様からの問い合わせにメール返信するときの注意点 | メールワイズ式 お役立ちコラム

インターネットを使って買い物をしたり、商品を探したりすることは、すっかり一般的な行為になりました。それに伴って、お客様がウェブ上から気軽に問い合わせができる「メール窓口」が、多くのウェブサイトに設けられています。 ...
タイトルはアニメ「さよなら絶望先生」より。とある仕事で、普段やり取りをしない人にメールをしまくったところ、ある人から「このメール、送ったんですけど、どうなってます?」という問い合わせが来た。探してみたが、こちらには届いていない。

ごく希ではあるが、メールにはこういうことが発生する。原理上、仕方ないことなので、重要なメールならいろいろ予防策を講じるべきだが、その予防策が「1週間以内に返信がなければ、お問い合わせください」と書くことであれば、それは技術の敗北である。メールのマナーというか、仕事術としてはアリだけど。

よくやり取りする相手なら、Slackなどビジネスチャットに登録してもらえばいいのだが、数回のやり取りで終わる相手にSlackは大仰過ぎる。ほかのビジネスチャットも同様だ。以前、何かのサポートでフォームに問い合わせ内容やメールアドレスなどを入力したら、専用の掲示板ができて、そこでやり取りできたのを思い出した。英語でやり取りをしたのを覚えているので、海外のシステムだったはず。類似のシステムがないか、かなり検索したが、どうもなさそうだ。企業向けにスクラッチされたものならあるんだろうが…。

うーん、気になるなあ。


P.S.
見つけた!Zendeskだ。

Zendesk | カスタマーサービスソフトウェア&サポートチケットシステム

顧客に最高のカスタマーエクスペリエンスを届けるための体制を整えましょう。Zendeskのカスタマーサービス製品を活用すれば、あらゆるチャネルを横断して顧客とスムーズにやり取りできるようになり、サポート担当者の生産性が改善されると共に、顧客満足度の向上にもつながります。 ...
「サポートチケット」がキーワードだった。これなら、いろいろな人からメールが来ても大丈夫だろう。見落とすとか、届かないとかの確率は大幅に下がる。高そうに思うが、オプションを全部省けば月9ドル、1年契約なら年60ドルで利用できる。数カ月だけ、いろいろな人とやり取りして、その後はごく希に入る問い合わせだけ見ていれば済むなら、月単位の契約でよかろう。

今回はもう遅いが、次から使ってみようっと。

P.S.#2

海外発のチケット管理システム 5選 - サポートタイムズ

国内ではほとんど認知度がないものの、機能性に優れた海外発のチケットサポートシステムは数多く存在しています。 そこで本記事では、海外発のチケットサポートシステムを5つご紹介します。新たにツールを導入する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。 チケットサポートシステムでは、一つのメール問い合わせを"チケット"という単位で管理するため、返信のし忘れや重複送信を防ぐのに役立ちます。チケットごとに「返信待ち」「解決済み」というステータスを付与することで、対応状況を可視化し、漏れのない迅速なメールサポートを実現します。 国内では、 Zendesk という統合的なカスタマーサポートツールのチケット機能が広く認知されているのではないでしょうか。 以下でご紹介するのは、チケット管理機能に特化したサポートシステムです。
こんな記事を見つけた。海外ではたくさん使われているようだ。さすがに国内でも大きなコールセンターを持っていれば、似たようなものを使っているはずだが。

で、この記事で紹介されていたシステムを下に貼っておく。どれがいいのかは知らない。調べるのは結構大変そう。

Help Scout | Simple Customer Service Software and Education

Make every customer service interaction a more human one. Use Help Scout. Trusted by over 10,000 businesses in 140 countries. Get started for free.

Groove | Build better customer experiences with Groove

"With Groove's help, we've seen a 20% decrease in support volume, a 46 minute faster response time and our CSAT score is up to 89%." Jared Morris, Customer Success Manager, BuySellAds We're here every step of the way making sure you and your team deliver standout customer experiences easily with Groove.

Mojo Helpdesk: Help Desk Software and Ticket Tracking + Knowledge Base

Mojo Helpdesk is the leader in helpdesk software and ticketing system for schools and organizations of all sizes. Mojo Helpdesk integrates with Google G-Suite and Azure Active Directory.

Sirportly

Ensuring that your team can respond to customers quickly & helpfully is key to building happiness. The tools provided by Sirportly are designed with this in mind and we've highlighted some below. Our support ticket system is easy to use and gives you access to the information you need right where you need it.

BeSnappy.com | Customer Support Simplified | Support Ticket System

Snappy removes the complexities of traditional helpdesk software with a more efficient design and workflow that makes email ticketing fast and easy. Help your customers help themselves and take strain off your customer support team with Snappy's integrated Knowledge Base. Build an FAQ page in minutes and style it to match your website.

P.S.#3
ちょっと待てよ。これ、送信するこっちはいいんだけど、受信した方(メールをもらう方)は一覧表示したメールを受け取るだけで、そもそもメールが届かなければ意味がないんじゃないか。だいたい、 すでに送ったメールが全部下についてくるじゃないか。添付ファイルまでいちいち何度も送られたのではたまったものではない

うーん、やっぱり受信側もアクセスして掲示板のように表示できないと、根本的な問題解決には至らないか。

P.S.#4
先のブログの上から3つほど試してみて、Mojo Helpdeskが近いコトができそうだとわかった。ただし、GoogleアカウントかAzure HD(Microsoftのビジネスアカウント?)がないと、先にアカウントを用意しないとダメっぽい。かなり面倒だなあ。

P.S.#5
Mojo Helpdeskは、先にアカウントを用意しなくても、ログインせずにチケットを発行すると、入力したアドレス宛にパスワードが送られてくるようだ。これで勝つる!問題は、これを使いこなせない人がいるかもってコトだなあ。


Wednesday, January 08, 2020

翌日の仕事に差し支えない酒量はどのくらいか

健康を気にするなら、安い酒より高い酒?

葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト  吉本さんによると、日本のアルコール摂取の特徴として、大量に飲む人が、全体の飲酒量の多くを占める傾向があるのだという。「上位3割の人が消費されている7割の酒を飲むという報告もあります。少数の人がたくさん飲酒しているということです」(吉本さん) ...
日本アルコール関連問題学会などのアルコール薬物関連の学会は、体内におけるアルコールの分解速度は1時間に4gとして、飲酒したら、運転するまでに「飲酒量(g)÷ 4」時間以上待つように、というガイドラインを出している。
10年前はワインのストックを切らしたことがなかったのだが、二度の痛風発作を体験することになったのと、アルコールの分解にかかる時間が明らかに長くなって、翌日の仕事に悪影響が出ることが増えたため、ほんの嗜み程度にしている。医学的には、まったく飲まない方がいいらしいが、さすがにゼロは厳しい。

では、どのくらいまでにとどめればいいのかが気になるわけだが、翌日に残らない量をちょっと試してみたところ、ビールで500ml缶×2はもうキツいことが分かった。ワイン1/2本も多すぎる。だいたい、ビールなら350ml缶×2は大丈夫そうだ。ワインなら1/3本が限界か。

上の記事に当てはめれば、ビールを5%として

500ml × 5% × 2 / 4 = 10.5(時間)
350ml × 5% × 2 / 4 = 8.75(時間)

つまり、350mlを2缶でとどめておけば、飲み終わってすぐ寝たとして、目覚めたときにはだいたいアルコールが抜けているが、500mlを2缶飲むと朝になっても抜けない。ワインを12%とすれば、

360ml × 12% / 4 = 10.8(時間)
240ml × 12% / 4 = 7.2(時間)

となる。フルボトルの1/3本にとどめるのが、二日酔い防止にはよさそうだ。

ちなみに、最近危険さが取り沙汰されるストロングゼロは9%だ。もしビールのつもりで500mlを2缶飲んだとすると、

500ml × 9% × 2 / 4 = 22.5(時間)

となる。翌日はまったく動けなくてもまったく不思議はない。

蜂蜜小梅配列に復帰した