Monday, April 02, 2018

「中動態」は能動性と受動性の中間にある?

(Wikimediaより古代ギリシア語)

能動態でも受動態でもない「中動態」を知ると少し生きやすくなる | 文春オンライン
「力に怯え心ならずも従う――カツアゲや性暴力、各種ハラスメントで顕著ですが、非自発的同意という事態が日常にはゴロゴロある。能動性、受動性という概念にうまく当てはまらない状況なんです」
言語学的には、中動態は「自分に向かって行為を実行する」という意味のものが多いようだ。能動性と受動性の間を考える試みは、意志を重んじる近代までの西洋哲学の系譜とは相容れず、特にハイデガー以降に親和性が高いと感じるが、しかしそれが言語学的な中動態と関係があるのかは考える余地がある。






Post a Comment