Monday, August 13, 2018

コクヨ情報カード5x3(7mm罫)の裏は方眼罫だった

情報カード(コクヨ)

ふと思い立って、情報カードを使うことにした。情報を書きとめるには、いろいろな方法がある。紙を綴じたメモ帳と取ってみても、サイズ、メーカー、縦綴じか横綴じか、罫線・方眼・無地の別など、無数に選択肢がある。さらに、デジタルを使った仕組みをカウントすればちょっと思いつくだけでも、手書きメインなら電子メモ、電子ノート、電子ペーパー搭載製品、手書きをデジタルに取りこむ仕組みを持つもの、iPadなどタブレットとの組み合わせ、そしてキーボード・マウスメインのアプリ、マインドマップ、タスク管理ソフトなどなど。

その中で、持っているもの、今回の役に立ちそうなものという条件で絞り込んだ結果、今回は5x3インチサイズの情報カードを使ってみることにした。このサイズの情報カードを作っているメーカーは少なく、コクヨとコレクトくらい。ライフはどうだったかな。方眼罫の入った、このサイズの情報カードも存在するのだが、買えるルートは限られる。B6サイズ(いわゆる京大型または京大式)だともう少し入手しやすいのと、最近は語学の勉強用に名刺サイズが入手しやすいようだが、さすがに名刺サイズでは情報整理の目的には使いづらい。サイズは用途を限定するもので、B6はカードにいろいろと書き込まないのであれば、大きすぎる。一文程度を書き込んで、シャッフルして原稿などに構成するのであれば、5x3インチサイズが良さそうな気がした。

ということで、コクヨの7mm罫とコレクトの6mm罫を100枚ずつ買ったのだが、うれしい誤算はコクヨの7mm罫カードは裏側が5mm方眼罫になっていることだ。これは、ワシが調べた限りではどこにも書いてなかった。ちなみに、コレクトの方は表も裏もなく、両方に罫線が引いてある。紙の厚みはコレクトの方が1.5倍くらいあって、しっかりしている。長く使うカードは、コレクトのカードを使うべきかもしれない。

Post a Comment