Monday, November 23, 2020

Nature Remoのエラーをサクッと解決する【追記あり】


赤外線リモコンの代わりに、赤外線を照射して家電をコントロールする機器を「スマートリモコン」と呼ぶ。これはスマートスピーカーを使いこなしたいときに必須のアイテムである。よく売れているスマートリモコンに「Nature Remo」があるのだが、これが時々エラーで動作しなくなる。

本体に赤い円が浮かび上がって動作しなくなるエラーだが、メーカーはこんなQ&Aを用意している。

Nature Remoが赤点滅して正常に動作しない

赤く早い点滅はご自宅のWi-Fiルーターからクラウドまでの通信が出来ていないことを示しています。 赤く遅い点滅は、ご自宅のNature RemoからWi-Fiルーターまでの通信が出来ていないことを示しています。 リセットは、Wi-Fi情報を変更する場合にのみ使用してください。 赤く早い点滅の場合は、 リセットをしても原因が取り除かれることはありません。 ...

今回出会ったのは速く点滅する方のエラーだった。これは、スマートリモコンからWi-Fiルータまでの通信がうまくできていないことを意味する。このページに書かれているように、Nature Remoをリセット(初期化)するのは無意味なので、焦ってリセットしないようにしたい。

ではどうするかだが、Nature Remoの電源を入れ直しても、あまり効果はない。その代わり、ルータの電源を入れ直すと一発で直る。

追記 AWSに障害があるとアウト

数日前、夜、寝ようと思ってAmazon Echoに話しかけたのだが、照明が消えない。「?」と思ってNature Remoを見ると、赤いリングが点滅している。近くのWi-Fiルーターの電源を入れ直してみたのだが、回復しない。仕方なく、リモコンを使って消灯したのだが、朝起きてみるとAWSの障害だったようだ。

AWS障害が起きたその日、人類は思い出した。ヤツらに支配されていた恐怖を...。

NatureRemoでしかエアコン操作できない。ので、今日は寒さに耐えて寝るしか無い。 布団入って電気消そうとしたらAWS障害で消せなくてインターネットに支配されていることを実感した AWS障害で電気(やエアコン)消せない ってなんかこう、めっっっちゃいいな SFな世界(ディストピアな感じ)はもう、目の前まで迫ってるんだなぁと思ってしまう

サーバに問合せしなくても、ローカルだけでもできそうな仕組みなのだから、AWSが落ちても動作するようにして欲しい。


No comments:

35.8kgのパスタを完食した