Thursday, November 19, 2020

【追記あり】@niftyのセカンドメールが酷い


いまだにプロバイダーのメールアドレスを使っている。今頃、なぜプロバイダーのメールアドレスなんだよ?と聞かれるかもしれないが、独自ドメインのメールはサーバのトラブルが直接受信障害につながるので、若干信頼性に劣る(あくまでもイメージだが)。GmailやOutlookは高機能なのだが、ときどき落ちている。さらに、DNSのトラブルがあると、サーバが無事でも届かない。

これに対して、プロバイダーのメールサービスは低機能だが、なかなか落ちないような気がする(これもイメージでしかないが)。DNSのトラブルも少なめだ(というイメージ)。なので、取引先の大半にはプロバイダーのアドレスを伝えてあるのだが、ひとつ困ったことができた。

iPhoneには、標準以外のメールアプリが少ない。ワシは「ibisMail」というのを常用していたのだが、iOS14になってから起動すると、起動画面ですぐに落ちてしまうようになった。ここぞというときに使っていたので、どういうことかと思って調べてみたら、もうApp Storeにはページが残っていない。開発元の会社は生き残っているが、「ibisMail」は影も形もない。おそらく売れなかったので、開発を中止したのだろう。

ワシの仕事用プロバイダーメールは、@niftyのセカンドメールである。標準メールアプリで受信できればいいのだが、何回やり直してもうまく行かない。そもそもちゃんとした設定のページがない。@niftyの通常アカウントの設定方法は掲載されているのだが、セカンドメールについてはあまり詳しい情報がない。唯一、手がかりになるのは以下のページだ。

セカンドメール、セカンドメールPRO|@niftyメール

@nifty IDのメールボックスに加え、新たに別のメールボックスを追加するサービスです。 メルマガ用、仕事用に会社名や部署名のついたメールボックスを作る、など用途は様々。 セカンドメール、セカンドメールPROそれぞれ最大10個まで追加することができます。

見ればわかるが、POPについての情報が非常に少ない。で、いろいろ設定を変えながらアクセスしたのだが、どうしても標準メールアプリではセカンドメールのPOPにアクセスできないようだ(勘違い。追記参照)。GmailアプリもPOPは非対応だし、POPをこれから使うくらいなら、もういっそのことWebメールでいいんじゃない?と思ってアクセスしてみたら……。


 マジか。メールサービスでこれはマズいだろ。画面はパソコンだが、同時刻にスマホのブラウザからも同じエラーが出ていた。ううむ、これはミスったか。しかも、全然ダメならまだわかるんだが、送信はできる。つまり、SMTPはちゃんと設定できているわけだ。謎すぎる…。

追記 私が悪うございました

数日して、iPhoneの標準アプリに設定した@niftyセカンドメールのアカウントを何気なく開いてみたら、何と!メールが落ちてきていた。数万通のメールが保存されているところにPOPで接続したので(IMAPならこんなことはないはず)、メールのタイトルをダウンロードするのに長い時間がかかっていたのだと思われる。POPで110番ポートを使っている=SSLなしなのでセキュリティ的には大変拙いのだが、メインのアドレスの一つなので、アクセス手段を用意しておいた方が良さそうだ。

No comments:

35.8kgのパスタを完食した