Sunday, March 22, 2020

phonetic関数に関するExcel for Macのバグがひどい



何をやっているのか、一発でバレそうだが、気にしない。

Excelは、入力した文字列の読み仮名(実際には変換前に入力した文字列)を保存しておく機能がある。これをphonetic関数で取り出すことで、読み仮名を別のセルに表示できる。

ところが、Excel for Mac(Office 365版)を使っていて、妙な現象に悩まされている。phonetic関数で取り出した値に漢字が含まれるのだ。しかも、値が安定しない。上の画面でセルB1〜B3には、それぞれ=phonetic(A1)=phonetic(A2)=phonetic(A3)が入っている。すべて「ロジスティックカイキ」と表示されるはずだが、なぜか値が異なる。

実は、入力時の操作が微妙に違っていて、A2とA3では途中まで入力して、あとは入力支援機能を使った。どこまでキーボードで直接入力したかがA2とA3では異なるため、B2とB3の値も異なっているようだ。

ここまで調べると、phonetic関数のバグかと思う。Microsoftのコミュニティでもモデレーターがそのように結論づけている。

phonetic関数がおかしい

​mochico-coron さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティへの投稿、ありがとうございます。 Office 2016 for Mac の Excel で PHONETIC 関数を使用した際にふりがなが抽出されないのですね。 私の手元の Excel 2016 (最新の更新プログラムをインストール済み) で試してみたところ、こちらでも漢字のまま抽出されました。 ひらがなで抽出するような方法がないかを探してみたのですが、有効な情報は見つかりませんでした。。 他の環境のパソコンでも同様の症状が出ていることから個別の問題の可能性は低そうなので、
ただ、Windows版のExcelでphonetic関数を打ち直してもB1〜B3の結果は変わらないので、どうやらMac版のExcelで収納されている読み仮名の方にバグがあるようだ。もしMac版のExcelのphonetic関数にバグがあるのなら、Windows版のExcelでphonetic関数を入力し直せば、正しい値が出てくるはずだが、実際にはphonetic関数を入力し直しても正しい値にならない。むしろ、もとの文字列(A1〜A3)を入力し直すと、正しい値が出てくる。ちなみに、A4〜A6はそれぞれ「き」「ぼく」「もく」と入力して変換した。

もうちょっと試してみる。


どうも言葉の途中で変換作業が内部的に行われるときに、バグが発生しているようだ。なお、「怒首領蜂」は単語登録しているので、うまく読み仮名が取り出せている。


No comments: