Sunday, March 15, 2020

Excel便利テク#1 YouTubeの検索でヒットした動画を数える

#1とタイトルに付けたが、#2があるとは言っていない。

さて、YouTubeのチャンネルで投稿された動画本数はどうやって調べればいいのかな…と思ってExcelを使ったやり方を考えたのだが、実はスマホアプリでチャンネルを調べれば済むことに気付いた。ただ、1ページに似たような項目がいくつあるのかを数えたいとき、目で数える以外のやり方を知っておくのは悪くないだろう。

Image from Gyazo

「ヨルダン」+「ゴーン」で検索してみた。たくさんヒットすると、最後まで検索結果が出てくるまで何度もスクロールしなければならず、あまり便利ではない。その場合は別の方法を使うべきだろう。

で、Ctrl+A(MacはCommand+A)で全選択してExcelにペーストし、末尾までスクロールする。ちなみに、末尾へのスクロールはCtrl+End(Macも同じ)で行う。


A列以外の適当なセルを選択して、=countif(A:A,"*視聴*")と入力すると、本数がカウントできる。

考え方としては、動画の下に「◯◯回視聴」と必ず書いてあることを利用する。「視聴」という言葉を数えるのだ。数えるのはcountif関数を使うといい。範囲指定はA列全体ということで「A:A」とした。以外と解説されることが少ない方法なので、知っておくといいだろう。「視聴」の前後に文字列やスペースが入っていても数えられるように、半角のアスタリスクを入れておく。


この話は、ごく初歩的なスクレイピングの手法に属すると思われる。これを黙ってプログラムでやればいいんだが、まだそこまでのスキルがないので、Excelを噛ませてみた。



追記

Excel for Macのキーボードショートカットキーがまとまったページは、あまりいいものがない。適当にチョイスしてあるものはあるが、自分の知りたいものが載っていないこともある。以前はMicrosoftのページにあったはずなんだが…。

で、現在おすすめなのはこのページ。PDFで販売もしているようだ。

185個のExcelショートカットキー一覧表(Mac版)PDF有

ExcelのMac用のショートカットキーを一覧化しました。185個と数が多いので、検索機能をつけて調べたいショートカットキーに辿りやすくしております。ぜひブックマークをしてご活用ください。 簡単に覚えられるものばかりなので、ぜひ試してスピードアップを図りましょう。Excelのバージョンによっては、一部動かない場合がありますのでご了承くださいませ。 ...




No comments:

35.8kgのパスタを完食した