2009/06/08

RequestPolicyを使ってみた


高木浩光氏が勧めていたので、Firefoxのセキュリティアドオンを「NoScript」から「RequestPolicy」に入れ替えてみた。使い方はビデオの通り。

「NoScript」で普段使うサイトのJavaScriptを許可に設定してしまうと、そのサイトが改竄されたときに対策がパアになる。

via: 高木浩光@自宅の日記 - 「NoScript」をやめて「RequestPolicy」にした
これは私もうすうす感じていた(というと、なんだか偉そうだけど)。その点はRequestPolicyを使っていれば、問題は起こりにくそうではある。これからFirefoxのアドオンを紹介するときは、NoScriptの代わりにRequestPolicyを紹介することにしよう。読者層を考えると、「それでいいのか?」と思わないでもないのだが。

この動画をキャプチャするのに「Snapz Pro X w/ Movie Capture」、簡単な編集をするのに「QuickTime 7 Pro」を買ってみた。あ、1万円つぎ込んでることに今気付いた(笑)


(補足)
RequestPolicyは、普通に使っていると、結構煩雑だ。外部のファイルなどを呼び出すたびにいちいちシャットアウトするので、全部まとめて許可しないで、個別に許可していると、とても鬱陶しい。しかし、ここで全部まとめて許可してしまうと、使っている意味がなくなるので、我慢してみる。
Post a Comment