Friday, September 11, 2020

Amazonからのメールを騙ったフィッシング詐欺を回避するただ1つの方法


いまだにこれに引っかかる人がいるのか、ちょっとびっくりなのだが。まあ、疲れているときには引っかかるかもしれない。

フィッシング詐欺、こうしてだまされる 記者も釣られた:朝日新聞デジタル

偽のメールを送りつけて偽サイトに誘導し、クレジットカード情報などを入力させて金品をだまし取る「フィッシング詐欺」。自分は引っかかるわけがない。何度も詐欺事件の記事を書いてきた私(39)はそう思っていました。しかし、見事に釣られました。  2月下旬。都内で取材を終えてカバンから私用のスマートフォンを取り出すと、見知らぬ電話番号の不在着信が画面に表示されていた。 ...

Amazonに限って言えば、こういったフィッシング詐欺を完全に避ける方法が1つだけある。それは、Amazonのメッセージセンターを利用する方法だ。Amazonがワシら顧客に送信しているメールは、すべてメッセージセンターという画面に表示される。つまり、メッセージセンターに表示されていないメールは、Amazonが顧客に送信したメールではない、ということだ。もし「プライムの自動更新を解除しました」などというメールが届いた場合も、メッセージセンターに書かれていなければ、Amazonからのメールではないので、無視するのがベスト。どうしても気になるなら、サポートからチャットなどで相談してみると良い。Amazonの顧客サポートは悪くない。

ログインして、右上の「アカウント&リスト」→「アカウントサービス」をクリックする。


そして、下の画面で「メッセージセンター」をクリック。

すると、下の画面が表示される。


読みたいメッセージをクリックすると、以下のような画面が表示される。

アカウントに関する重要なメッセージ以外もここに表示されるので、メールをうっかり削除したり、見失ってしまったりしたときは、ここに来れば読める。なぜ、今頃、ISDN用のTA(ターミナルアダプター)を買ったかというと、壊れたからだ。そろそろアナログ回線に戻したいのだが、そんなことを考えている余裕がない…。






No comments:

35.8kgのパスタを完食した