2008/01/19

モラルハザードの構造 (内田樹の研究室) を読んで

ソースはこちら

  • 「努力と成果は相関すべきである」という考え方は危険
  • 弱者は自分(の将来)の姿であることを思い出す
  • 世の中が「自分のような人間」ばかりであってもいいように振る舞う
Post a Comment