2008/09/22

カーチャンスレ

カーチャンスレのまとめ記事は、いつ読んでも殺傷力が高すぎる。ただ、この手の記事を読んで感じるのは、何にぐっとくるかというと、現実の母親という存在とか、現実の母親と自分との関係ではなくて、イコンとしての母親、あるいはイデアとしての母親という存在にぐっときているのだろうと思う。現実の母親はひどく愚かで、自分もまた愚かであり、理想的な関係など結びようがない。それこそ、どちらかが死ぬ段にならないと何も起こらなかったり、死んでも何も起こらなかったりする。
Post a Comment