2008/09/16

Mac OS XからMac OS 9.x環境にファイルを渡すときに注意すべきこと

Mac OS XからMac OS 9.x環境にファイルサーバ経由でファイルを渡すとき、いくつか気をつけないといけないことがある。Mac OS X側はファイルサーバにAFP(Apple Filing Protocol) over TCP/IPで接続していれば、ファイル名やフォルダ名の文字化けは生じないが、問題はファイル名やフォルダ名の長さ。長すぎるファイル名はそれだけで Mac OS 9.x側で見えない原因になるし、ファイルまでのフォルダ名の合計の長さ(簡単に言えば、パスの長さ)が一定値を超えると、Mac OS 9.xから見えない。ちゃんとコピーしたのに、「ありませんけど?」と言われる。

ちなみに、Mac OS XでNASに接続するとき、AFP over TCP/IPを選択しないとフォルダ名の2バイト文字が文字化けするのは有名な話。
Post a Comment