2008/09/10

ドストエフスキー「悪霊」第三部にwktk

ドストエフスキーの「悪霊」がやっと第三部まで来た。いきなりユリア夫人主催のパーティが大混乱の模様。どうなることやらwktk(笑)
ある一点に関しては、語り手たる私に対してあまりに精細な描写を要求する権利は誰にもないはずである。それは秘密であり、女性の一身に関したことだ。しかし、一つだけ私の知っていることがある。それは昨晩彼女が夫の部屋に入っていって、夜半をずっと過ぎるまで二人だけの時を過ごしたということである。レンプケは許され、慰められた。(pp.242)
えっと、これって…。
Post a Comment