2008/08/26

若い人の職業選び

「やればできる俺」という欲望 谷口悟朗監督「コードギアス 反逆のルルーシュR2」(1)で谷口監督がこう言っている。 
職業選びが、どんどん「楽してできるものが良い」という方向にいってるんですよ。
まったくその通りだと思う。「勝ち組・負け組」という言葉が一般的になり、労力をかけず、結果だけを得ることを「うまくやる」としてもてはやすような風潮が出てきた。そして、学生の職業選びもそれに合わせて変化してくる。「しんどくても、やりがいのある仕事」よりも、「楽で儲かる仕事」に若い人が群がるとすれば、これは決してよいことではない。
Post a Comment