2008/08/27

自分のポジション

25:年上に褒められたら気をつけろ!:NBonline(日経ビジネス オンライン)
自分がいまどのレベルまできているかを判断できない人は、どんなに上を目指しても登り詰めることはできない。と私は思う。中途半端な実力や実績を過信したところで、見るべき人が見たら中身はがらんどうだってことぐらいすぐに見破られるに決まっているのだし。
ライターって、難しいよね。自信がなくてもダメだし、不遜でもダメ。未経験者なのに「私にも書けると思います」なんて言っている人に限って、やっつけ仕事だったり、納期を守らなかったり。

でも、よく考えてみたら、自分のポジションとか実力を正確に判断することは実は至難の業かもしれない。私自身は「まだまだだなあ」と思うことと、「いやこのくらいならできる」と思うことと両方ある。実績の数は数えられるが、質の方は判断が難しい。誰が見ても間違っている箇所がなければいい、というわけでもないからだ。

他人のポジションや実力なら、自分よりも下にいる人は間違いなくわかる。しかし、上にいる人はわからない。だから、自分よりポジションや実力が下の人たちを見て、「ううむ。この人たちよりは上だから、全体としてはこのくらいか」と想像できるくらいか。数字で判断できる仕事なら、もっといいんだろうけど、ねえ。
Post a Comment